忍者ブログ
 
2010年9月24日からやってます。
変更した鉛筆ツールの扱いに慣れてきたぞ落書き。
公孫先生

このところ、移動時間に楊令伝文庫版を読んでいるため、無性に滾ります。



それにしても、登場人物が増えてきたので、
朝のぼんやりした頭で読んでいると、たまに訳分からなくなる。
呂英のこと、呂栄将軍と勘違いして「何故ここで?」と思ってしまった……ショック。

飴屋の雲璧が無駄に覚えやすくて好き(笑)。

拍手

PR
北方水滸伝を少しずつ読み進め、現在18巻の最終章。

前半1~9巻までと、後半10~19巻まで、
前半の方が読み返した回数が多いので
新しい発見が多いです。



初めて読んだとき、敵側の名前が全然覚えられなかったのですが、
今なら割とわかるぞ!

ただ、活字をパッと見たときに読み違えそうになるのはある。
唯一、許貫忠と鈕文忠が紛らわしい。


楊令伝になってくると人数も相当増え、かなり厳しいけれども
そのうち慣れるのでしょう。

水滸伝だって、始めの頃は
董平と董万が訳分からなくなっていたのはいい思い出。


拍手

少しずつ読み進めている北方水滸伝、
現在14巻を読み終えました。



北方水滸伝を初めて読んだ頃。

私が、梁山泊の好漢達に求めていたものは、
「強いこと」「完璧であること」でした。

林冲が張藍の為に戦線離脱する部分など、
もどかしかったです。

そして、呉用が嫌われていることが嫌でした。
好漢達が「仲間を嫌う」という、負の感情を持っていることが嫌でした。


何万もの人間が集まるのだから、好悪の念があるのは当然で、
そういう「人間らしさ」の描写が、今はとても面白いと感じます。

聖人君子が108人集まって国と戦う…という物語なんて、
とても退屈でしょうね。



数年後、
どんな読み方をしているのか、と思います。

拍手

文庫版の北方水滸伝を少しずつ読み進めて、
現在十二巻までやってきました。

一巻ごとに好きなシーンを挙げたいなぁと思っていたら
もう十二巻まで来てしまった。

訳が分からないぐらい入り込んでる。
「おまえは、やさしい馬だ。」で、バスの中にも関わらず、半泣きでした。


語る相手がいないので、
今思っていることを徒然なるままに書きました。

(長い+ネタバレ注意なので、畳みました。)

拍手

先日、旅に出てきまして、色々あったんですが、
なんだか時間が経って、書く気力が…
旅日記はまたの機会にします。



先日から少しずつ読んでいる北方水滸伝ですが、
現在7巻に到達しました。


読みながら改めて感じているのが、

馬絡みの話が好きだということ。


人間と馬との信頼関係が素晴らしいです。
1巻の史進と馬とのエピソードが大好きなんですよ。


それなのに、馬の絵は全然描いていないことに気が付きました。

小学生の頃、版画で馬の絵を彫ろうとしたときに、
図鑑で馬を見て下書きを描いたのですが、
きちんと資料を見て描いたのなんてそれくらい。

それ以来、まともに馬と向き合って来なかったのです。


精進せねば……って、
練習するものリストが増えていく…!

スケッチ的な。

やっぱり、好きなものは、
きちんと描けるようになりたいですね。



馬の絵といえば、
SBRの14巻の荒木先生のコメントが凄く心に残っています。
人馬一体の話。

バシッと決まった乗馬絵が描ける、
そんな感覚を体験したい。

拍手

HOME]  [次のページ»
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
Author:とおやま
絵を描いたり本を読んだり音楽聴いたり。


最新コメント
[05/21 ねおしの]
[05/09 とおやま]
[10/29 ねおしの]
[08/31 とおやま]
[08/11 瀬田]
PR
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501